交通事故をスムーズに解決する方法

交通事故の処理に関する法律は道路交通法など様々あるが、その結論は最高裁の判例がモノ言う偉大者だということ

交通事故をスムーズに解決する方法

交通事故の法律は判例がモノ言う偉大者

クルマや歩行者など道路を通行するときには道路交通法という法律に従って通行しなければなりません。もっともその法律があっても警察が待ち構えて検問とかパトロールとかしていない限りスピード違反とかなど無視している人も少なからずいるのでイラつかされる今日この頃ではあります。さてはともかく道路の通行中にもし交通事故を起こしたならば、そのまま逃げ去っていたのでは逮捕されるとより重たい刑罰が待ち構えているので、紳士的な事務的な事故処理対策をやらなければなりません。そのためにはまずは警察に連絡をして中立的な立場の元に実況見分をしてもらいます。そしたら後は保険屋さんなどを介しての示談交渉をすることになって警察は介入しない立場をとるわけですが、保険屋さんなどは警察が作成した資料を基に過失割合などを双方で決めて決着を図るわけです。

しかし道路交通法などの法律ではお互いが走行中の交通事故に関して過失割合がいくらかとかなど具体的な結論は提示していません。そのため特に信号機のない交差点での事故は非常にやっかいな問題を現在でも抱えて多くの人の不満を解消できずにいます。しかしながら法律で具体的に結論を書いていないような状況での実際の結論は、過去に誰かが提訴した裁判所の判例がモノ言う偉大者になってしまうのです。信号機のない交差点の場合は左から来たクルマが道幅が少々狭くても優先されてしまうのです。これは少々納得いかない判例ですが、将来この判例に不満を抱いた人と裁判官がひっくり返さない限り、似たような事故は現在の判例に従って保険屋さんも淡淡と処理するようになるのです。ゆえに誰かが提訴した裁判での初めての判例はある意味で長年にわたってモノ言う偉大者になるのです。

おすすめ情報