交通事故をスムーズに解決する方法

突然、どこで交通事故にあうかはわかりません。事故にあったときには法律について知識をもつべきです。

交通事故をスムーズに解決する方法

交通事故についての法律を勉強すること

交通事故にあう確率って、どれくらいなのでしょうか。わたし自身、もう2度ほど事故にあっています。そのたびに軽度であれ怪我をしてきたのですが、わたしは事故を起こされた側なので、特に謝罪にいくこともありませんでしたが、事故を起こしたほうの人はどうなるのでしょうか。実はわたしの友人で交通事故を起こした人がいます。友人がほぼ悪いのですが、そんななか、こんな話を聞きました。まず、事故を起こし怪我をさせてしまったかたは、軽症でした。しかし、車はボロボロになってしまい、そちらは任意保険でまかなったそうです。もちろん謝罪に伺ったり保険やさんを通さずにもきちんとフォローしてきました。ただ、ここからが問題だったのです。

相手は、あの手この手で、保険からの給付以外のお金を要求してきたそうです。それも、示談書を書くまでの間だったそうで、それがまた大変だったそうです。その時は怪我をさせてしまった罪悪感から支払っていたそうですが、その後法律について調べたらそこまでしなくてもよかったようです。そのように、悲しいですが足元をみて色々要求してくる人もいます。それに対応できるようにも、事故についての法律の本なんかも販売されているので、目を通したらまた対応ができるのかなと思いました。